ますやみそのこだわり

「皆様の健康で味わいに満ちた食生活」をお手伝いしています。
 みそは、日本に生まれ人々の真心に包まれて育てられたかけがえのない自然食品です。私たち「ますやみそ」は、みそ等の食品づくりを通じて、皆様の健康で味わいに満ちた食生活をお手伝いし、また世界にこのすばらしい食文化を伝えたいと願って日々努力してまいりました。
 その願いをより多くの方にお届けするために、バイオテクノロジーを駆使した先進の生産ラインを導入したり、有機農法により栽培された大豆、大麦、米を使用した味噌も手がけています。
  今後も常に高品質を維持しながら人と自然の暮らしがやさしく調和する食品生活をめざし、次代の人々のニーズにお応えできる製品づくりに専念してまいります。
食文化イメージ


有機無農薬・低農薬による契約栽培
麦イメージ  大自然の恵みをそのまま味噌づくりへと生かすため、ますやみそは農家の方と共に取り組んでいます。
そして、それらの原料はますやみそのこだわりの品となっています。
 
 より良く安心な品をお届けするため、吟味を重ねた素材の一品一品が、ますやみその味噌づくりに生かされてるのです。


天与の地、呉市焼山
 ますやみそが味噌づくりの拠点とする呉市焼山は、都市を離れた緑濃い山ふところで、清浄な空気と水に恵まれたまたとないロケーションにあります。
 夏でも冷気を誘う爽やかな焼山の気候と、別名「奥二河(おくにこう)の水」と称される銘水を天与の恵みとして、ますやみそは味噌づくりに自然の生命を吹き込んでいます。
奥二河


「ますやみそ」の味噌づくり
仕込み  選りすぐられた米・大麦や大豆の中からさらに入念に素材の選別を行うことから、ますやみその味噌づくりは始まります。
 衛生管理を徹底した工場では、味噌づくりの命ともいえる麹づくりを微妙な調整を繰り返しながら行っています。
 麹や大豆等の仕込みはオートメーション化によって、常に清潔に、無駄のない正確さで行われ、その後、湿度や温度管理に気を配った部屋で、時の力に発酵と熟成をまかせます。

人の技術と自然の力が共に創り出したみそは、どこか芳醇な味わいを醸しています。


クラシック音楽が育てるみそ
 ヴィヴァルディの「四季」がやさしく響く発酵蔵。
 従来の味噌蔵にはない、ラックとエレベーターによる立体発酵蔵は、すべてコンピューターによって運転管理されています。トランスデューサーという装置によって、私たちが耳で聴いている音楽を体で感じる繊細な振動に変換させ、それを仕込みタンクの味噌に伝えます。

やわらかなサウンドに包まれ、複雑な振動に心地よく揺さぶられて、まろやかで深い味わいへと熟成されていくのです。
 
この手法で作られた「四季の蔵」は、香味、コク、テリともに申し分ない出来映えです。
立体発酵蔵
立体発酵蔵
味噌イメージ 味噌イメージ 味噌イメージ

小麦と消泡剤を使わない。自社製酵母です。

母さんの味は、酵母から。
家族の健康を日々の食事で思いやる、母さんの気持ちをお手本に。
製造工程のすみずみにまで気を配り、手間ひまかけた味噌づくりを続けています。

親ごころ製法

アレルギーが心配だから 小麦を使わない自社製酵母です。

麦こうじ

昭和4年、麹屋として産声をあげた「ますやみそ」は、おいしい味噌づくりの決め手となる酵母から自社製です。
「ますやみそ」の味噌はすべて、独自の技術で小麦を全く含まずに培養した、自社製の酵母でつくられています。

添加物が気になるから 消泡剤も一切使っていません。

麦みそ

酵母を自社培養するもう一つの理由は、シリコーンなどの消泡剤を使わないためです。消泡剤は、酵母の製造工程で出る大量の泡を消すためのもの。「ますやみそ」は、これも添加物だと考えています。そのため、泡が出にくい製法を開発して、消泡剤は一切使っていません
こうした手間と工夫を惜しまないことで、安心安全な味噌は生まれるのです。

ますやみその商品はこちら